大好きな彼氏と好きなだけ自由に。

一週間後に世界が滅ぶとしても、
私は仕事は辞めません。
今している仕事は日払いの仕事なので
ほしい分だけ稼いで大好きな彼氏と
一緒に自由に過ごしたいです。

1週間のうち2日に一回は働いて
2日に一回はどこかに出掛けて
精一杯に作れる思い出を作りたいです。
時間は短くても、世界後滅ぶとわかっていたら
喧嘩もせずに何ができるかを考えて
いい思いでも作れると思います。
好きな場所へいって好きなことをして
好きなものを食べて、毎日のように大好きだと言い合って
満足してから地球が滅びるのを待ちたいです。

なぜ、あなたの好きなように気を使う必要があるの。

入るだけで、話しているだけでお金が入るので
特に不満に思うことはありません。
けど、少し人見知りのある私は、とても気を使っていて
気づくととても疲れている自分がいます。
連絡先を交換して店に呼ぶことや、
自分を気に入ってもらおうと必死になっている回りを見ていると
自分の存在を全否定し、必死にもがいているようにしか見えません。
そんな風に私も染められていくのかと思うと不安でたまらないし、
自分が気を使ってまで
相手に必死になってお店に来てもらおうとも私は思えません。
ありのままの自分で働いていたいです。

辞めると思います。

もしもこの滅亡の話が周知の事実ならば皆同じような行動をとる可能性が高いと思います。
例えば、もしも私しかこの知らせをしらないのだとしたら、貯金や積み立てていたお金を全て使い国内外の行きたかったところへ旅をしたいと考えます。しかしながら、もしも全ての人がこの知らせをしっていたのなら、おそらく多くの人が同じような考えを持つと考えられます。そうなると交通網は混乱し、街は人で溢れかえるでしょう。
ですから、もしも後者の状況になる場合、私は愛する人とできるだけ長くいられるようにしたいと考えます。
恋人や家族、友人などとささやかな時間を過ごしたい。

なんで私が飲みもしなお酒や食べもしないものを

私がいちいち補充しなきゃいけないんだ!飲みたい奴・食べたい奴が揃えろ!しかもオフィスだぞ、なんでお前たちがくつろぐために私が準備しないといけないんだ…!
ゴミだって自分で捨てろ!分別するのがどれほどたいへんかわかってるのか?副社長、お前も部屋の掃除をしてほしかったら部屋くらい開けておけ。なんで掃除する人がいちいち誰もいない部屋の扉をノックして電子ロックを解除しなきゃいけないんだ!こっちだって他の仕事もあるんだよ!しかもちゃんと求人に書いておけよ、こんなことやらされるなら入らないわ。
お金貯まったらこんなところやめます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ