もしも自分の手元に五億円手元に入ったら。

とても非現実的なごとですが、五億円が入ったら何を買うかと言われれば「これ」というのは、すぐに思い浮かばなかったのですが、強いて上げるとすればいくつかあります。まず、自分へのご褒美として、豪華な家と別荘それに見合った車を買うと思います。つぎに、これは自分の趣味となるのですが、一つサッカーチームを買収したいです。最初はそんなに資金もないので、地域リーグのチームで十分ですので、ひとつのチームを買収したいです。言いかえれば、先行投資です。私は、日本一強く地域との関係性も良い、とても良いチームを作りたいと野望があります。ですがら、先行投資して、いづれ日本一になるであろうクラブを買収したいです。

もしも妻が、五億円を不動産につぎこんだら。

もし妻が不動産に当たった五億円をつぎ込んだとします。私の意見では、半ば賛成半ば反対です。なぜなら全額はつぎ込む必要はないのかなと思うからです。しかし、今後副収入を得るために、先行投資をするということは、大いに賛成です。私もそのような考えは持っています。お金はいずれなくなるものですし、全て私利私欲のために使うのは、どうかなと思います。ですから、今後副収入を得ていけるので、大いに賛成です。また、このお金は、たまたま湧き上がってきたお金です。自分でコツコツためてきたお金ではありません。その点からしても、先行投資で、不動産に全額とはいきませんが、投資するのは、賛成です。

サラリーマンを辞めて個人投資家になります。

ですので、株を買います。そのために現在株式投資を勉強中です。
きちんと利益を出せるようになったら、未来を担う子供達(自分以外の子供)に援助をしたいですね。例えば「こども食堂」など寄附だけではなく、実際に子供達とふれあう事ができる活動をしたいと思っています。そして苦しい状況をなげくのではなく、その状況から抜け出すヒントを与えられることができるをしたいです。具体的には人より秀でた能力が何なんか?教えられると良いですね。個人の能力は案外その人にとっては普通に苦労なくやっていることであって気づかないものです。それを気づかせ才能を発揮させ苦しい状況から抜け出させたいです。そう簡単にうまくはいくと思ってはいませんが、お金を持つようになったらやりたいと漠然と考えています。

反対はしませんが、厳選なる物件選びと分散投資を勧めます。

まず物件ですか、郊外は問題外で東京都内に限ります。また、今ですと東京オリンピックに向け多少バルブ気味ですので、オリンピック前に一旦売却することを前提にあまり改修を必要としない築浅を狙うのが良いかも知れません。オリンピック後はバルブが弾けると思いますので、そこで再投資。ここでの選択は難しいですが、都内もしくは地下鉄が走っている関東エリアで少し古めのマンションを購入し、リノベーションして売りに出したいです。
分散投資は資産を形成するには必須条件ですので、海外を含めた株式投資を勧めたいと思います。インド、ミャンマーは経済発展が望め、来るであろう株バルブで資産形成を計りたいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ