きっとほかの人なら恥ずかしくて言えないようなことを沢山言ってくれるところです。

「愛してる」「結婚しようね」など、普通なら恥ずかしくて言葉にするのに勇気がいるようなことを毎日欠かさず言ってくれます。言ってくれることで、「私はこの人に愛されているんだ」と実感でき、安心感を得られます。でも、ほかの人がいくらそのような言葉をかけてきたところで、全く魅力的には感じません。「どこが一番好きか」と聞かれると上記の内容になりますが、心のどこかでは、無意識に惹かれてしまう何かがあるんじゃないかと思います。そうでないと付き合ったりしなかったんじゃないかなと思います。

そもそも、彼はどちらかというと借金体質なのでさほど驚かないです。

借金体質と言っても、私がお金を貸しているだけであって、その上数万円程度ですが…。とりあえず冷静になって、なぜ借金をしたのかを聞くところから始めます。本当に借金をしなければならない状況であったならば、ここで喧嘩をしても仕方ないからです。そして、これからどうしていくかを話し合います。

もし、ただただ遊びたかったから、などの理由で借金をしていた場合は彼の人間性を疑います。この先もまたきっとこういうことがあると踏んで、別れを告げようと思います。

彼は嘘が大嫌いなので、打ち明けなければ心の溝が深まるのではないかと思います。

というより、例え打ち明けなかったにしても今後絶対どこかでばれてしまう気がします。

結婚生活となると生活を共に過ごすことになるので、お互いのいいところ、嫌なところ、知らなかった部分、沢山見えてくるものでしょう。

今まで一緒に暮らしていなかったからなんとか隠しきれていたものだって、お互い何かしらあるはずです。

それが見えてくるということは、当然借金だっていつか必ずばれるはずです。500万という大金を返さなければならないとなると、もしかすると彼は私の元を離れるかもしれません。しかし、ずっと黙っていてそれが判明するよりは、自分から打ち明けた方が印象もだいぶ変わってくると思うのです。

借金 差し押さえ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ