「実は誰でも紙一重だと認識すべき」

自分の子どもは高畑容疑者の様な犯罪は犯さないと言い切りたいところだが、どんな聖人君子の子息だろうが、高畑容疑者の犯した罪と紙一重のところにいるかもしれない。
「私の子どもは絶対そんなことはない」と仰る方は、世の中を知らないか、人間を知らない方だと思う。
他人の善悪は実に冷静に客観視出来るのに、渦中の人となると判断力を特に男性は失いがちなので、犯罪の事象と失うものと受ける罰を合わせて、子どもに説明し続けるしかない。
但し、16歳位までに叩き込まないと、それ以降の矯正は無理だと思う。

「矯正が可能か、境界線を持っているか確認すべき」

成長とともに暴走する欲望を誰からも指摘教育されなかった人を矯正するのは、残念ながら無理だと思う。
しかしながら、自己の欲望をコントロール出来る境界線を持っている場合は、少なくとも他人に迷惑をかける行為は避けられると思われる。
境界線を持っていない場合、今後起こり得る問題を考慮し、速やかに別れ、自分の人生を大切にすべき。
境界線を持っている場合は、彼または彼女が持つ魅力とその性癖なるものを相殺しても尚、彼または彼女の自分にとっての価値が勝るのであれば、幸せに生活を続ければ良いと思う。

まさか、うちの子に限ってそんな事する訳がない

どんな親でも、まずはそういう気持ちが少なからずあるのではないでしょうか。
私にも男の子が二人います。まだ小学生ですがあっという間に成長しますから、大人になった時こんな事件を起こしたらどうしよう、とニュースを見て考えさせられました。
子供の性癖などまで親が把握できるものなのでしょうか。
子供が同じ事をしたら、芸能人ではないので記者会見はしませんが、職場や親戚など迷惑をおかけする所には出来るだけ早くに謝罪に向かいます。
世間体もあるので今まで通りに生活するのは難しくなると思います。
引越しをするようになるでしょうか。
そんな大人にならないように、人の気持ちを考えられるように、思いやりの心を持てるように育てたいです。

信じたくない彼氏がそんな性癖を持っていたなんて。

付き合って一年といったら、長いような短いようなそんな期間を一緒に過ごしてきたわけなので、信用する気持ちも十分に固まっているところでしょうか。
そんな時に、あんな性癖があると知ったら、信用していた気持ちもなくなるだろうし、このまま付き合っていく自信はありません。
いつ犯罪を起こすか?いつ他人に迷惑をかける事になってしまうか分かりません。
そんな気持ちで付き合うことは出来ません。ただ、そんな彼を助けたい支えになりたい、そんな気持ちになるかもしれません。
まずは、彼の考えや気持ちをよく聞いてみたいです。
性癖というのは、そう簡単に治るというものではないのでしょうから、付き合いは難しいでしょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ