異常かどうかはべつとして、親としてできること。

彼が異常かどうかは専門家ではないのでわかりませんが、絶対に許されることではないので、もし自分の子供が同じことをしたら親としてできる限りの償いをおこなうとおもいます。
被害者に対して具体的にできる償いとしては金銭的賠償くらいのものでしょうが、自分の持っている財産をすべて投げ打ってでも被害者の方に誠心誠意込めて賠償させてもらいます。
そして、自分の子供には己の罪は己で償えということを強く望むと思います。
情状で刑を軽くしてもらうのではなく少しでも長く刑に服し、自分の罪と向き合わせます。

絶対に無理、将来を共にできない。

もし、パートナーが性犯罪を犯すような性癖を持っていることがわかったら、きっとすぐにでも別れるでしょう。
まずそんな人たちは、きちんとした治療を受けない限りその性癖は治らず犯罪を犯す可能性が高いからです。
犯罪者になる可能性の高い人と付き合っていくということは自分にとってもとてもリスクの高いことで、そんな人を更生させる自信がないです。
さらに、そのような相手だと自分もいつ被害者になるかわからないという不安があります。
パートナーとはいえ、お互いの同意がなければそれはレイプと同じであるからです。

他人に迷惑をかけてはいけないということを認識させたい。

自分の子供が欲を満たす為に他人に迷惑をかける行為を行った場合、自分のした行為が社会的にいかに良くないことか、迷惑をかけたかを反省させます。
起こってしまったことはもうどうしようもないですが、なぜそのような気になったのか、他人に迷惑をかけた場合に逮捕されこのような事態になることが予測できなかったのかを問いただします。
20歳を過ぎれば大人ですし、義務教育を受けていれば基本的な社会で生活する知識は身についているはずです。私は自分の子供には大人になる前に他人に迷惑をかけてはいけないということを小さい頃からしっかり身につけさせたいです。

性癖を我慢できなくなったら別れます。

性癖は人それぞれだと思いますが、私が彼氏に対して理解出来なくなったり、自分以外の女性に欲を求めていて行為を行ったりした時点でどんなに好きな方でも別れます。
欲求は誰にでもあるものですが、それは誰でも自分で制限できる物だと思います。小学生でも自分の行動の良し悪しが判断できるのですから、大人がしてはいけないことをやってしまった、では済まされません。社会的に地位や立場が悪くなり、仕事や収入を失ってまで犯したい行為なのか、判断出来ないのは大人としてどうかと思います。よって判断能力がない方とはこれからの人生を共に生きていくことは辛いと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ